STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

米中首脳発言で株式市場は右往左往するため予想は困難ですが、毎度の「ダウ方向予想」です。
ダウ
値幅は予想しておりません。1ドル安も300ドル安も同じ下落です。ですのでダウと方向予想の上下絵幅が拡大し、外れたように見えますが、それほど外してはいません。
ダウ2
直近の上下幅を修正しました。今は11月19日からの調整がつづいている状況です。目先、リバウンドがありそうですが、12月24日頃までもみ合いまたは弱含みで推移すると予想します。昨年はクリスマスイブが絶好の買いでしたが、今年もそうなると思います。


   銘 柄

ビーアールHD1726 旧極東工業(元極東興和)が前身でHDに移行。事業は、橋梁建設、道路。橋梁などの補修、補強、新幹線の軌道スラブ、河川災害復旧工事、津波避難タワー建設、など政府の大型経済対策に合致。高水準の受注残を抱えていますが、さらに大幅上積みのようです。
*リスクは自社株買いが終わると売られる可能性あり。
ビーアール
(ビーアール社事業領域より抜粋)

<大和レポート>
1ドル/105円、120円/ユーロで日経平均の2020年度EPS1794.安倍政権の平均PER15倍だと26900円。110円/1ドル、120円/ユーロだとEPS1834円、PER15倍で27500円。

<東海東京>

先物は下値で空売りが積み上がっており、メジャーSQに向けて売り方の買戻しを誘う仕掛け的な買いが入ってもおかしくない。

<みずほ>
日経平均は年末23000円予想維持。12月15日米中貿易交渉期限でのサプライズは起こりにくく、交渉期限の再延長の可能性が高まっている。
野村発表の「ラッセル野村ラージCAP」を対象にした業績予想は、経常は2019年ー3.5%→2020年+6.8%
大和の東証1部予想は2019年ー5.0%→2020年+6.1%
みずほはー1.5%→+6.5%予想
3社とも2020年の業績回復を予想しているものの2ケタ増益予想はない。

<日興>
日本では長期金利が上昇。この傾向が続くならリスクオン継続の可能性
流転:一段高の可能性も残るが、年明けは意外な反動安も

<先週のファンド動向>
Gオイスター(3224)マイルストーンキャピタル22%取得
コロプラ(3668)ベイリー・ギフォード&カンパニー 9.3%→10.6%
カオナビ(4435)クーブランド・カーディフ・アセットM 新規5%取得
マイスター(4695)光通信 14.6→15.8%
東洋刃物(5964)光通信 6.3→7.4%
アクトコール86064)光通信 25.0→26.2%
ナンシン(7399)8.0→9.1%
タダノ(6395)シルチェスター・インターナショナル 5.2→6.2%
ニューフレア(6256)南青山不動産 新規5.0%取得
ミロク情報(9928)ワサッチ・アドバイザーズ 新規5.2%取得

経済対策の柱の一つに「中小企業のIT投資促進」があります。光通信自体恩恵を受けそうですが、100社近くに大量保有報告書を出しており、IT関連も多く、投資先も恩恵を受け、結果的に光通信にプラスに作用するかもしれません。

    銘 柄

オーウェル7670 引き続き東証1部指定替え期待

ダブルエー7683 まだ6日ほど早く失敗の可能性もありますが、目先リバウンド狙い


独自の売買ポイントを改良しました。まだまだ改良の余地はありますが、僅かに精度は上がりました。
2019-12-07 (2)
右下の赤丸にご注目下さい。売買サインは2つですが、緑から赤に変わると買いサインの一つです。
チャートの青のラインは
2019-12-07 (5)
このように見ます。下落している青が株価チャートにぶつかると買い転換接近です。そして下に右上がりの青が出現すると売買サインのもう一つが買い転換となります。
2019-12-07 (3)
日経平均でみてみます。まだ買い転換ではありませんが、下の緑が赤に変わりそうです。また、月曜上昇することで、青のラインはチャートにぶつかる可能性が高くなりました。
なお、これは短期に限った売買サインですので、1週間以上には参考になりません。

↑このページのトップヘ