STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/

NYダウ目先その1では変化日を予想します。明日、その2で上か下かの短期予想を述べます。

8月15日ブログ 8月27日変化日で買い
8月21日ブログ ダウ分かれ目「8月22日前後1日買い」
8月22日ブログ 「ダウ58日周期」と述べました。そして、23日が58日目で急落。

直近以上の予想を立てました。8月23日変化日はほぼピッタシでしたが、残念ながら急落でした。しかし、この下げは短期的にはチャンスと考えます。
ダウ
上はいつもの「ダウ変化日予想」です。最大外しても2日です。変化日予想を上下反転させます。
ダウ2
5月下旬以降、ダウの値動きを先取りしたチャートになっています。8月15日ブログで予想した通り、8月27日(前後1日含む)は短期的には買いになると思います。

明日はその根拠を別の角度で述べます。

ダウが約58日周期で動いています。2分の1の29日でも一定の動きをしていますが、長めの58日で見てみま昨日が直近安値からの58日目でした。株価は中段もみ合い。上下どちらかに放れる可能性が高いと思います。
なお、58日はルース・アーロンペアという数学から拝借しました。理系でないと難しい数式ですが、簡単にいうと、ベーブルース本塁打714、それを超えたアーロン715。
2×3×7×17=714 → 2+3+7+17=29 
5×11×13=715   → 5+11+13=29  となります。この数字が基本です。
29+29=58
2019-08-22
6月の安値から昨日で56日目です。明日58日目です。来週から上下どちらかに放れる可能性が高くなったと思います。
2019-08-21 (5)

上はアライアンス・バーンスタイン社のレポートから抜粋したものですが、トランプ大統領就任以降の対中発言とS&P500、その後の大統領の変化を示しています。強硬発言後も株価が強いとさらに強硬発言。しかし、下落すると一転軟化と分かり易い行動です。
日本は土地本位制、米は株本位制といわれています。株価こそ最重要項目ということでしょう。


    銘柄

ディーエヌエ2432 9月頃から期待できそうなチャート




この2年間、独自の「ダウ方向予想」はそれなりに有効でした。しかし、これはインフレ率、FF金利、長期金利、潜在成長率が一定の条件下の場合です。今はこの前提が崩れた可能性があります。検証には時間を要しますが、崩れた場合の「ダウ方向予想」も掲載します。
ダウ
上はこの約2年間の方向予想です。直近の上下幅を修正します。
ダウ3
こうなります。8月22日(前後1日含む)が買いの予想ですが、前提条件が崩れた場合は以下になる可能性が出てきました。
ダウ2
8月22日前後まで反発の場合、売りになります。2年以上前まではこの予想でした。どちらになるかは1週間みれば分かるかと思います。


   銘柄

エードット(7063)が大幅安して申し訳ございませんでした。

SI3826 寄り高の後、売られましたが押目は買いでみています。



↑このページのトップヘ