STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/

ヴェリタスによると、10連休を控え、個人の信用取引手仕舞いが増加しているそうです。「松井証券客の信用買い残は足元で昨年の同時期に比べ約4割少ない水準。東証が9日発表した5日時点の信用買い残も前の週に比べ1862億円少ない2兆1695億円と2年3カ月ぶりの低水準」(ヴェリタスより)

7日間休場は1986年以来33年ぶりだそうです。そこで個人信用売買動向と日経平均をみてみます。
2019-04-14 (2)
上は個人の信用取引売買動向です。次に日経平均と重ねます。
日経
どちらかと言うと信用売り越しのほうが買い場になっているますが、数週間の短期の場合もあります。
日経2
個人信用を上下反転させました。傾向的には少なくとも数週間は強いかもしれません。
チャートを少し修正します。
日経3
個人信用を1週遅らせました。実際には2週遅れになりますが、上の個人信用が低いと買いとなります。日経平均が底堅いのも納得です。
短期的に買いと思います。
ダウ2
昨日、別ブログに載せたダウ方向予想です。セルインメイは5月下旬、それまでは強気で対処かもしれません。


     銘柄

エン・ジャパン4849

大阪有機4187

スノーピーク7816

1面「全固体電池」特集

2月末の2次電池国際見本市では、日立造船(7004)とFDK(6755)のブースに大きな人だかりができた。

固体電解質では三井金属が、硫黄、リチウム、リンなどが原料の電解質の開発にメドをつけた。JX金属は電解質開発で東邦チタニウムと連携。住友化学はレアメタルを使わないタイプで、ニッケル・マンガン系の正極材開発を進める。負極材ではGSユアサが金属シリコンを活用し、これまでの約3倍のエネルギー密度を実現できる製品を開発。

JSRは供給が不安なレアメタルを代替する技術を開発。あらかじめリチウムイオンを負極材に抱え込ませることで電池の中を行き来するイオンの数を減らさないよう工夫。
ADEKAは、硫黄を活用した負極材材料を開発した。

ダウは前々から4月9日から調整と述べてきました。予想通り調整も小幅な微調整で理想的な展開だと思います。調整とっても1ドル安も1000ドル安も同じ調整です。今日、明日横這いないしは微調整が理想ですが、金曜は買いになるとみています。
ダウ
なお、方向予想は上か下かを予想したもので、値幅は表示しておりません。12日前後買い、その後もみ合った後、5月1日頃から買い。しかし、日本市場は休みです。
しかし、閑散相場ですが、GW前の短期リバ狙いで買い出動と思います。


    銘柄

大阪有機4187 大阪本社の有機EL関連。今日の日経によるとシャープ堺工場で少量だが有機ELを生産しており、アクオスに搭載しているとのこと。今後車載用に生産とのことで、関連として期待したいです。

独自チャートのミリオンストック投資顧問無料メール



↑このページのトップヘ