STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

 ドイツ証券レポートによると、2月12日、安倍首相は、施政方針演説で、「全ての上場企業が、世界標準に則った新たな‘コーポレートガバナンスに従う’に従うか、従わない場合はその理由を説明する、その義務を負うことになります」発言しています、と指摘しています。 ドイツ証券は、日本企業が貯め込んだ内部留保を株主が短期間で獲得できる機会がおとずれるであろう。このことが株価が堅調に推移している背景と解説しています。

 しかし、欧州はじめ堅調なのは日本だけではありません。 世界的に買われ過ぎた債券から一部、株や資源に流れただけだと思います。 この流れが一時的なものなのかは分かりません。
AA
まず、上の三本セットが当社の基本です。 比較対象は時代とともに変わりますが、今は ダウが上がるには①VIX低下 ②国債利回り上昇 の二つが二大要因です。
幸い、VIX低下、利回り上昇が起こり株価も上昇しました。 ではVIXがどこまで低下するのか。先週は14.69%でした。この6ヶ月を見る限り12%までは低下余地がありますのでまだ余裕があります。しかし、直近2回は15%前後から上昇したので難しいところです。 次に国債利回りですが、ギリシャ問題が合意できずに長引いたほうが利回り低下に歯止めがかかるため、株価には好都合と考えます。矛盾した考えですが、原油反発=株高 と考えは似ています。
最後に上の三本セットの今後を大まかに示します。
A
当社なりに手を加えた結果が上です。詳細は分からないようにしていますが、目先売り、しかし突っ込みは買い。その売りは木曜前後になると思います。ツイッターより一日遅れているのは月曜NY休みを考慮してなかったためです。

なお、日本市場は目先、好材料で持ち株を売るスタンスと考えます。 特に新興市場はごく一部を除き短命になってきています。 今の相場は好材料を織り込んでるのだと思います。

    銘柄

グリコ2206 ポッキーとプレミアム粉ミルクの海外売上高が国内を上回る。円安メリット。

メディシノバ4875 先週末、突発的な売りでストップ安も長期上昇波動に変わりなし。

△△21 先週の東理(5856)のように突如急騰があるかも。
続きを読む

当社は2月18日(水)前後に日米とも一旦天井を付けると予想します。しかし、水曜は当社独自の変化日であって、変化日は上昇に弾みがつく場合もあります。しばらく続きたBOX相場が上放れということも考えられます。 しかし下がるほうが自然だと考えました。 225PERは16.24倍です。 PERが上がると何故かまだ安い、と主張するのがストラテジストです。確かに過剰流動性相場ですからPERより国債との比較のほうが有効なのですが、PERが昨年12月26日以来の高水準ということは警戒したいです。

18日ごろが天井の可能性が高い、確立は低いがBOX上放れと予想した根拠はいえません。

今日はだらだらと書かずに結論のみとしました。後講釈はしないのが当社の方針です。

     銘柄

新日本電工5563 岩井コスモが新規A,目標株価420円。

SHIFT3697 有力ファンドがこの安値でコツコツ買い始めたとの噂

サハダイヤ9898 上場廃止リスクがあると断っておくが、先週東理(5856)仕掛けた筋介入とのうわさ

セーラー万年筆7992 上とは別筋介入の噂もやはり超低位株のため万一上がっても瞬間か。

金融・投資 ブログランキングへ

 NYも史上最高値更新まであと僅か。ダウ30種で先週史上最高値更新したのはボーイング、ディズニー、トラベラーズ、ホームデポ、Uテクノロジーズ、VISAでした、またシスコは2007年11月以来の高値でした。
 Uテクノロジーズは参加に航空機エンジンのP&Wやヘリコプター企業があり、ボーイングと同じ航空機産業でもあります。 ディズニーはアナ雪効果にガソリン価格下落、ホームデポも同様、ガソリン下落で個人消費が増えカード支払も増加でVIS,原油下落は航空機産業にプラスでボーイングとUT。
こう考えると米市場も原油安メリット株が買われているように感じます。また保険のトラベラーズは米国債利回り上昇を受けてのことでしょう。

 日本でも軽のダイハツ、スズキが軟調なの原油安の影響と思います。一人負けといわれるホンダの株価が上昇しています。小型ジェット機販売には良い環境です。 
 米国市場に遅れて同じ動きが来るとすると三菱重工、日立などは長期で買い場が近づいていると思います。

 ところで、日米ともに国債利回りが上昇中です。これは株式にとっては今の相場では良いことです。近い将来金利が上昇するなら生保は国債買いを減少させるでしょう。そして資金を株式に振り向けるでしょう。
 米国債利回りは2月2日から上昇しています。同じくダウも2月2日から上昇中です。 しかし米10年国債利回りは先週末2.02%でしたが、2.07~2.09%に壁があります。この壁に押し返されて利回り低下した場いは株価下落となるはずです。

 まずは、日経平均やダウのチャートをみて三角持合だのBOX上放れなどと騒ぐのはずれていると思います。今週は日米国債相場が重要になると思います。

    銘柄

楽天4755 金利上昇はクレジット部門を抱える同社にとって有利。またバイパーは日本では無名でも利用者数はLINEを上回る。

HIS9603 チャートは良くないため、押し目待ち。スカイマークで6億損するも再建には同社の協力が不可欠になる。今度は安く手に入れるチャンス。

ミクシィ2121 モンストの成長が国内外で加速へ

↑このページのトップヘ