日経平均は為替が決定要因となっていますが、27日ブログにて 「さらに円高が進むようには思えません。一旦円安に向かう」 と述べました。結果27日が直近の円高ピークです。前回、根拠は示しませんでしたが、以下の理由からです。

2017-03-30
先行スパン②は平行になる時が多いのですが、平行になる始点もしくは平行が終わる終点から15日目を結びました。画面が見づらくなるため一部は省略しましたが、ほぼ正確にドル円の天底と一致します。3月27日の場合は16日目で1日ズレましたが、FX投資家でなければ許容範囲でしょう。

ところで、今日は日経平均、トピックスともに前場マイナスだったのに日銀ETF買いは「設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するETF」の12億円のみでした。市場ははしごを外された格好ですが、外されると下落する理由はこうです。
証券会社は日銀のETF買いに備えて株式を買ってETFを組成します。これを後場日銀が買い入れます。しかし、今日は日銀が買いを入れなかったため、証券会社は反対売買に動いた、ということだと推測します。それが後場に下げ幅が拡大した要因だと思います。
つまり、今日の下落幅はそれほど重要ではなかっと考えます。明日までは地銀などの売りが出てくるでしょうが、4月から期待したいものです。


      銘柄

WDB2475  岩井コスモが新規A,1800円目標。理系研究職の派遣大手。市場規模の大きい工学系技術職派遣や医薬品開発業務受託向けの需要が旺盛。