日本だけリバウンドから取り残された動きとなりました。今日の追証グラフは後程として、件数は500円下落した9日の倍近くと増えています。これはマザーズの下落によるものでしょう。個人は新興・小型株で打撃を受けていると思われます。

さて日経平均は3種のチャートで見てみます。
2018-02-13 (1)
21320円が下値抵抗ラインとなっています。このラインを維持して反発するか、あっさり下回ってもっと下落するかの瀬戸際です。
なお、今日は陰線が包んでいますが、陰の陰は余り意味ないです。9日が陽線だったら、下値での「陽の陰」の抱き線で、「最後の抱き線」となり、買い転換でした。残念ながらそうはなりませんでした。
2018-02-13 (2)
上はGC社独自のトレンドラインです。下値ラインは上回っていますが、やはり微妙なところまできています。
2018-02-13
緑の棒はMACDヒストリカルの日数を変更したものです。短くなって赤に変わった時が買いですが、赤のライン(GCV)も上向く必要があります。まだ数日かかるように見えます。

当社は9日買いと述べてきましたが、今日半日しか持ちませんでした。日本の独歩安なのか海外も追随して下がるのか。1,2日様子を見なければ何とも言えません。


     銘柄

クラスター4240  今日の日経夕刊一面に日立が量子コンピュータ並みの次世代計算機を2018年夏にもネット上で無償公開するとでています。CMOSの組み合わせを工夫し、最適解を探す計算モデルに特化した回路を作ったとのこと。クラスターのIRをみると「高感度・超高速で進化するCMOSを支える部品として、付加価値の高い分野でコストパフォーマンスに優れた製品を提供してまいります」と記載されています。