さすがに今日は下がると思っていましたが、約155円の権利落ちを一発で埋めてきました。しかし、多くの投資家は高値恐怖症で恐々短期売買ではないでしょうか。今日は目先ではなく中朝で見てみます。
タイミング
上は日経平均週足とゴールデン・チャート社のタイミングという指標です。タイミングが1000を超えると警戒ですが、先週で814と過熱感はありません。
GCBS
次に日経平均週足とゴールデン・チャート社のBSレシオという指標です。BSレシオがマイナスだと買い、プラスだと売りになりますが、なんと先週までで大幅なマイナスでした。

今回はゴールデン・チャート社の2つの指標で中長期をみましたが、タイミングが1000超、BSレシオがプラス転換までは過熱感はなさそうです。


    銘柄

オエノン2533 半年以上の長期で注目します

NPC6255 太陽光製造装置を生産していますが、台風21号では太陽光パネルが飛ばされる被害が多数ありました。またパネルの法定耐用年数は17年です。今後生産よりパネル処理が重要になってきます。同社はパネルのリユース、リサイクルも行っていますが、四季報によるとパネル解体ラインは環境省の補助金交付が有望とあります。また業績も好調を持続しています。