・株、始まった割安修正
市場緊急アンケート「年内25000円」 最高は三菱UFJ国際投信石金氏の26000円(2019年1月)、最低では智剣オスカー大川氏で11月4500円、19年3月21500円。

・世界を変える素材力
未来の太陽電池、ベランダで発電も ペロブスカイト型太陽電池
軽量で曲げることができ、かつ低コストで生産できる。関連銘柄は、積水化学(4204)、フジプレミアム(4237)、テクノスマート(6246)、東芝(6502)、パナソニック(6752)

・ESGが促すイノベーション
航空各社には二酸化炭素の排出が課せられ、21年以降は超過分について排出枠を購入する必要がある。飛行機のエンジンで耐熱性が高く、軽い素材として炭化ケイ素繊維(SiC)が注目されている。生産できるのは世界でも日本カーボン(5301)と宇部興産(4208)の2社だけ。すでに日本カーボンの関連会社が製造するSiS繊維がGEなどが開発した航空機エンジン「LEAP]に採用され、ボーイングの最新旅客機737MAXなどに搭載されている。

一読しての気になった銘柄

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。