ダウの変化日予想は先物・OPを元にしたものと金利を元にした2通りあり、そこからさらに組み合わせで複数あります。今回は複数の金利をミックスした独自の指標でダウをみます。
ダウ1
変化日を予想したのものでダウの上げ下げを予想したものではありません。しかし、変化日が高値だと売り、安値だと買いになります。
4月3日(前後1日含む)が変化日となりますが、手前の3月30日前後の可能性もあります。
なお、先物・OPを元にした予想では、3月26~30日が変化日の予定です。大底圏のため、月末は買い転換になる可能性が高いと思います。それが今週木曜なのか来週月曜なのかは分かりません。しかし、短期的な予想で長期予想ではありません。
2020-03-24
上はCME日経平均先物(ドル建て)です。このままいくとMACDはゴールデンクロスしそうです。転換線(太い赤)を超えることで、次は基準線(太い青)が第一目標。

ところで、米ではロング・ショート両方とも負けているのに、日本はアンダーウエイト銘柄、ショート銘柄が大きく買い戻されました。日米で動きが変わっているようです。また、P/Bスプレッドはひっ迫しており、ITバブル超えしています。


   銘  柄

アエリア3758 四季報春号では、今12期三期ぶり営業最高益更新の会社計画を支持、来12期連続最高益更新と観測。17年高値3730円から18年12月安値421円と約9割調整、3月13日に昨年来の安値422円と売り直されて二番底形成。13日に60万株3億円を上限に自社株買いを実施すると発表したことが、株価下支え要因に。また、信用買残は昨年11月15日の3268500株(取組倍率6.76倍)から1304400株(同1.92倍)と大幅に減少し、需給は改善。今期予想PER7倍台PBR0.88倍と割安感。ゲーム関連、巣籠もり関連として注目。

パーク24(4666)GWは電車、飛行機、バス敬遠されるため、感染の心配がない自動車での国内旅行が人気化。カーシェアの同社に注目します。