前回、まとまった追証件数が発生したのは6月15日でした。その日のブログにて、「1月30日に追証急増時と似ています。その後、日経平均は2月9日高値、急落直前の2月21日まで15日間。明日から15日目は7月1日となります」と述べました。
そして「
月末から7月初めは警戒かもしれません」と予想しました。2日早く下落した可能性はありますが、この動きから推測すると、明日から反転した場合、リバウンドは短命と思います。そして、今年2度目の本格的売り場がやってくるかもしれません。このことは前々から言い続けていることですが、今日の追証増加でさらに可能性は高くなったと思います。
2020-06-29 (9)
上はネット証券数社に聞き取り調査した独自の「推定追証件数」です。1月27日にまとまった追証が発生、次に1月30日、そして2月下旬からセイリングクライマックス突入。
今回も、6月15日にまとまった件数発生、次に6月29日。ここまでは同じ動きです。まずは目先のリバウンドはキャッシュポジションを高めるべきだと思います。


    銘  柄

フーバーブレイン3927 下落して申し訳ありませんが、5月末の高値飛びついたイナゴの投げが発生したと思われます。目先リバウンドへ。

プロパスト3236 ハコモノですが、目先やりたがっているようです。

ここからはダメならLCで、長期投資の場面ではないと思います。