ダウの7月7日(前後1日)売り予想は6,7日下落となり、ほぼ事前予想通りでした。NYダウ(正式にはS&P500)の変化日予想は20,30,40,60日先までの4通りありますが、今日取り上げる20日予想は複数の指数をミックスしたものです。
SV
ダウとミックス指数は一見連動していますが、ミックス指数を20日右へ移動するとこうなります。
SV1
直近の上下幅を合わせると
SV2
ほぼ正確に変化日を予想できています。なお、ダウが上がるか下がるかを予想したものではありません。一致した動きになったのは単に変化日が予想通りだっただけです。
次の変化日は7月10日の予想です。そこが買いか売りかは水木金の動向次第ですが、現時点では一旦は買いの可能性があると思います。


   銘  柄

ANAP3189 店舗やECがありハコモノとはいえませんが、ハコモノのようなIRが期待でき、短期的にイナゴタワー期待。

イオンモール8905 決算を受け大幅安も、悪化するのは分かっていたこと。悪材料出尽くしで今後のリベンジ消費期待。