STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2015年05月

ほんの6日間下落すると「しばらく調整」、「セルインメイ」、「金利上昇」と騒ぎ出すのはいつものこと。6日前までは強気だったはずです。
29日
上は4月29日のブログに掲載したダウのトレンド予想です。実際29日から下落し始めました。 そしてダウは昨日が変化日でした。当社では立会日数であと13日程度の調整が必要と計算しました。その間には反発もあるでしょう。そして重要視しているのはVIXです。

VIX
上はVIXですが、底をつけて上昇し始めているように見えます。どこまで上昇するかは分かりません。再び下落するかもしれません。 この件につきましては土日に予想を立てたいと思います。

ところで、バフェットチャートから時価総額がGDPを上回ると危険との声が急に出てきました。何も5月になって上回ったわけではありません。しばらく上回っています。何をいまさらという感じですが、一応バフェットチャートを掲載しました。
バフェット
上がバフェットチャートです。ウォルシャー5000を元にしていますのでほぼ全米の銘柄をカバーしています。日本でいうなら東証一部に2部、JQ,マザーズ、地方を加えたようなものです。
ご覧のとおりITバブル期以来のGDPと時価総額の拡大です。この点はやはり注意が必要でしょうが、デイトレには余り意味ないことです。10年単位で投資する方は撤退かもしれませんが。

NY市場は3日のブログから変更ございません。

   銘柄

岩崎電気6924 放置でいいでしょう

HIS9603 大和が九州関連銘柄を取り上げています。同社は核になると思います。

豆蔵3756 休み前から「休み後動く」といってきました。休みが終わるのは来週からです。

シチズン7762 急落しましたが、元々長期銘柄。いずれ何かあるでしょう。

リクルート6098 3空の下げ。明日の先行スパン①である3796円タッチすれば買い。

NY株式市場は3月初めまで国債利回り上昇は景気回復を反映したもので株高要因でした。しかし4月から利回り上昇はドル高要因で企業業績圧迫との見方が増えてきました。 当社はこれまで利回り動向からNYダウを予想してきましたが、根本的に見直さないといけない時がきているかもしれません。 原油高、金利上昇で株価がどうなるか。 
VIX
上はVIX指数6ヶ月間です。大底をつけたようにも見えます。このまま上昇となると当然ダウやSP500は下落するはずです。VIXが横ばいで株価は上昇ということもありますがどうでしょうか。 VIXが今後どう動くかについては今週終わってから考えます。

  銘柄

GUのセルフレジをどこが納入しているのか。只今調査中。レジも凄いが、ICタグにより試着したけど購入しなかった商品を把握できる点が大きいと思います。

岩崎電気6924 GMとの提携で一度ぶっ飛びましたが、世界のGMと時価総額わずか214億円の同社の提携がこの程度の株価で終わるはずはないと思います。



休みが長いため今日はテクニカルに絞ります。 NY市場ですが5月8日の4月雇用統計次第でしょうが、良ければ早期利上げ懸念で売られる、悪ければ景気後退懸念で売られる。相場が悪いときはどっちに転んでも売られます。相場が良ければその逆でどちっちに転んでも買われます。
ダウ10年A
ダウの今後3週間程度のトレンドを予想しました。先週水木の下落が一時的であったように金曜の大幅高も一時的なものと考えます。あと数日上昇するとみますが、調整に入るでしょう。目先は上下変動が激しいと予想します。ただし値幅は予想できません。
ダウ
次に別の方法(これも当社オリジナル)でトレンドを予想しました。3ヶ月先までの予想です。戻りは売りの可能性が高いです。ただし、先ほど同様値幅は表示していません。大幅に下落予想となっていますが1ドル安か1000ドル安かは分かりません。あくまでも方向性のみです。

25日ブログにて「4月28日前後変化日」と指摘しました。そして28日ダウは74ドル安、29日185ドル安となりました。 そして30日ブログにて「日経平均の下げは金曜まで」と指摘しザラ場で下げは終わりました。

次のNY変化日は5月6日前後です(これも当社独自です)。4月の変化日と違い今回はトレンドが43日続く可能性があります。それが上昇なのか調整なのかはまだ分かりませんが、強くはない気がします。

最後に日経平均について少し触れておきます。
イールド
赤印は日経平均売り時となっています。 国債利回り上昇により株式が割高となって売られたということです。
しかし、米市場は長期金利上昇=株高 が続いていますので一概にはいえません。自社株買い、増配でスプレッドは元に戻せます。

   


↑このページのトップヘ