STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2015年07月26日

先週は小型株が大盛況でしたがマザーズ、ジャスダック指数は小幅安。 といっても日経平均と比べればかなり強いです。 
では今後もバイオ、食品の小型株を中心としたモメンタム系は強いのでしょうか。 今回も当社独自の予想をしてみました。 ただし、まだ開発中のため、さわりのみとします。
小型株は金余り相場で活況になります。ITバブル時のネット関連がいい例です。PER1000倍、利益わずかでも時価総額1兆円、ソフトバンクは20兆円の時価総額でした。その時代から何社がその後成長し今も輝いているでしょうか。

30年ざっと
上は当社独自の組み合わせチャートです。両チャートが接近した時点に日付を入れました。その日がジャスダック、マザーズのチャートでどういった日だったかご確認下さい。

要は米30年と10年の利回り差が縮小すれば売り、拡大中は買いということです。 当社はモメンタム系はまだ青信号ですが、黄色が近づいているとみています。


2週間前からNYは7月27日買い(日経平均は1日遅れるかも)といい続けてきました。しかし先週の4日連続安、しかも6月29日安値を下回ったことで、若干修正となります。

27日買いも火水木調整の可能性が少しあり。金曜より4連騰と予想。上げ下げがあり先週、先々週のように単純な一方通行相場にはならないものの、営業日数で7日間は上昇基調と予想します。

しかし、7日後どうかといえば厳しいかもしれません。6月29日安値を下回ったことでリバウンドは小さくなると思います。もし7月7日安値も下回れば三尊底失敗です。 17570円に一目均衡表の抵抗ラインがありますが、当社は一目を余り信頼していないので参考程度にします。

最新1
ダウの方向性はこのように予想していますが、これは先週と変わりません。 8月4日か5日までは上昇基調の予想です。冒頭で「火水木調整の可能性」と述べましたが、上の予想グラフからです。なお28.29日FOMC開催です。

いつも1週間先予想がメインですので少し先をみてみます。

ダウ運輸40日
ダウのトレンドはこんな感じで中期的には楽観できないと思います。ただし値幅は予想していません。下落予想時が10ドル安で、上昇予想時が500ドル高かもしれませんので単純に下がると解釈しないで下さい。


          銘柄

ファルコ4671 チャートは高い位置ですが、売上の38%は調剤薬局。PER15.5倍は調剤薬局の面でみても割安。 またTPP関連との噂も。

四電工1939 四国電力伊方原発再稼動予定。九電工は川内原発合格後長期上昇。ただし四電工は出来高少ないためリバウンドは小幅でしょう。

しまむら8227 主力のしまむらが堅調。


↑このページのトップヘ