STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2017年03月

まずはダウとVIX指数です。
ダウ
ほぼ一致した動きです。今後VIXは上昇する可能性が高いかもしれません。それは米金利が低下していることによります。利上げで米10年国債利回りは2.8%を超えるとみていました。しかし逆に低下しています。これは短期的にいえば年3回の利上げも危ういということです。昨日の利回りは2.43%でした。円高が止まるには少なくとも2.6%が最低ラインと考えます。
続きを読む

今日から本格的な調整入りなのかBOXの範囲内の動きなのか。外人(バリュー投資の長期)はまだ継続的に売りを出しているようです。例年通り4月になれば一転買い越しに転じるのか不安です。2017-03-22
フェア&グリードは昨日36に低下しました。低いときは20下回りますが、30で赤信号が終わろうとするころで買い場を模索するときです。今日も続落で30下回れば逆にチャンスかと思います。
2017-03-22 (1)

VIXは低位でもみ合っています。上昇に転じると米国株は下落します。もみ合いが続くかどうかがおイントですが、当社は目先上昇も再び低下に向かうとみています。
なおこの件は深夜再度UPします。

   銘柄

DLE3686  仕手株です。LC必須の割り切り。

UEX9888  新日鉄住金と三井物産が連携強化で新日鉄住金の株を買い増すと報じられましたが、次はUEXに期待がかかりそうです。

まずは日経平均と新発10年国債利回りの比較から。
日経
連動しているように見えます。利回り上昇=日経平均上昇 の動きですが、所々で逆に動いています。しかし日銀が金利上昇を抑え付け過ぎていることが日経平均上昇を抑えているように思えます。
ここまではよく見かけるチャート比較です。 以下当社独自です。

日経2
国債利回りを25日移動しました。国債利回りの天底あるいは変化の起点が日経平均の天底、起点と一致していることがお分かりになるかと思います。これで目先の変化日は予測できます。ただし変化日が買いなのか売りなのかはこれだけでは分かりません。数日後に変化日を迎えることになっていますが、買いか売りかは分かりません。しかし当社は目先の突込みは買いとみています。


    銘柄

HOPE6195  年初に取り上げていますが、再度。同社の事業は自治体の経費削減に貢献しており、今後ますます伸びると思います。

じげん3679  生産年齢人口は減少し続けています。しかし求人数は増えています。同社にとってしばらくフォローの風が続くと思います。

2016-08-18 (6)



米利上げも長期金利が上昇せず逆に低下しています。米10年国債利回りは2.5%で13日の2.62%から低下中です。当社は0.25%引き上げで2.8%に上昇を予想していました。これが円高・株安要因でもあります。
デフレ経済から利回り低下はプラスに作用したでしょう。しかしトランプ以降はマイナス要因です。
ダウ
上はダウ方向予想ですが、目先数日下落後リバウンドしかし基本揉み合いを予想しています。しかし1,2月は全然予想が外れていますので少し修正します。

ダウ2
多少予想できるようになりましたが、ズレは生じています。目先上昇もすぐに調整しかし短期で再び上昇となっています。
オプション動向から予想したNY変化日は3月21日小変化日、29日中変化日となります。上の予想グラフに当てはめると21日買い、29日売りとなりますがどうでしょうか。


韓国総合指数(コスピー)が堅調です。特にサムスンは史上最高値。オーナー三代目が逮捕されても株価は上昇。トヨタと対照的です。中国、日本、北朝鮮から圧力を受け、国内は政治混乱。それでも株価は上昇。理解しがたい状況ですが、個別株を見ていくと分かってきます。ただし当社の憶測で妄想ですが。

米軍事産業はダウ採用のボーイング、ユナイテッドテクノロジーズは出遅れ気味ですが、ゼネラルダイナミック、レイセオン、ロッキードマーチンの軍需専業に近い企業の株価が上昇し続けています。またソウル市場では軍需銘柄の一面もあるサムスンが上昇、ヒュンダイロテムは低迷もヒュンダイ重工は強い動き。 日本市場では三菱重工、川崎重工、IHIの御三家が低迷していますが、いずれ米韓軍事銘柄の後を追うとみています。
北朝鮮がロケット4発発射がすべて日本に向けたものでした。日本海側には原発も多いです。また次の韓国大統領有力候補の文在寅(ムン・ジェイン)氏はノ・ムヒョン時代に「親日派財産没収法」を成立させました。日本にとっては過去最大級のやっかいな大統領になるかもしれません。そして彼は親北朝鮮といわれています。
東京市場も軍事産業銘柄は長いテーマの一つになると思います。
2017-03-18 (1)
話は変わって、上はマザーズ指数です。調整は5,6日で終了しています。3月13日から昨日で4日です。今回もあと1,2日の下げで止まるのか、本格的調整に入るのかはまだ分かりません。来週水曜日まで見てから再考が必要です。



↑このページのトップヘ