STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2018年01月

これまで変化日予想はせいぜい1~2カ月後が精いっぱいでした。今回は半年以上先までを予想しました。詳細は秘密とします。

VIX
日経平均週足とある指標を修正したものを組み合わせました。下の‘ある指標’の天底と日経平均の変化日がある程度一致することがお分かりになるかと思います。本来は日足で示すべきですが、3年以上のチャートになり見づらくなるため週足としました。日足で確認したところ、2014年以降、20回の変化日予想は平均前後2~3日以内、最大で5日間のズレでした。これは過去の動きから250日目の変化日を予想したものです。ただし、変化日は予想できても、そのが買いなのか売りなのかは残念ながら分かりません。
次の変化日は22営業日後か28営業日後となります。2月7日前後3日間もしくは2月16日前後3日間となります。今の日経平均は絶好調です。このまま2月初旬まで強いようだと、そこそこの調整がやってくると予想します。

    銘柄

パイオニア6773 ただし長期。自動運転の基盤となる3次元地図にはステレオカメラとLiDAR、GPSが必要。特にライダーは1台100万円ほどで、実用的ではありません。パイオニアは1万円以下の製品で20年にも参入する方針。また20年には5Gも始まるため、ライダーと5Gで3次元地図は飛躍的に高まる見込み。

アイケイ2722 10日決算発表予定。四季報見る限りでは期待できそう。

メール2

ソフトバンク株はエヌビディア、スプリント株の値動きに左右されるような解説が多いです。その通りでしょう。しかし、我々はソフトバンク株が日本の長期国債に連動していることを確認しました。
ソフトバンク
日本の10年物国債利回りと比べると、ほぼ一致したチャートです。金利上昇=ソフトバンク上昇 の構図です。借金過多のソフトバンクがなぜか金利上昇で買われています。15兆6千億円もの有利子負債があるにも関わらずです。
そこで10兆円ファンドのソフトバンクビジョンファンドを見てみると、上期20社・平均1000億円の投資を実践したと発表しています。単純合計で2兆円です。つまりキャッシュがまだ8兆円もあると推測されます。これがソフトバンクが金利上昇メリット株であることになると考えます。ビジョンファンドが10兆円使いきった後は、投資先が開花するかどうか次第ですが、金利上昇メリットはなくなります。

日経平均は2カ月間の高値もみ合いから上放れ大陽線。チャートは良くなりました。酒田五法でいう「上値遊び」の形だと思います。以下、「相場ケイ線の極意 酒田五法は風林火山」(日本証券新聞)より抜粋したものです。
IMG_5773
明日は3連休前ということで売りが出るかもしれませんが、短期では強気かと思います。

2018-01-04 (2)
CRB商品指数が13日続伸中です。そこで米名目実行為替レートと比較してみると、ほぼ同じ動きでした。つまり、ドル安=コモディティ高 です。そこへ金利上昇が加わるですから、コモディティは強いでしょう。当社は昨年12月初めに、原油70ドルと予想しています。あと8ドル程度まで上昇してきました。地政学リスクで解説している専門家が多いですが、基本は金利と為替、景気だと思います。


      銘柄

新日鉄、住友鉱山、トヨタなどといいたいところですが、ここでは仕手系穴株をとりあげます。

GNI2160

ネクステージ3186

      82671_sample

今年の大きなテーマを考えました。安倍首相は米中と上手く付き合える唯一の政治家です、小泉元首相は優秀できしたが、中国とは疎遠になりました。個性の強い米中首脳を相手にするのですから、個人的な好き嫌いは別にして安倍首相に任せるしかありません。
中国の一帯一路、米のインフラ投資は巨大な資源需要となります。しかも中国は鉄鋼生産を規制しています。そこへ米の税制改革法成立で、世界の鉄鋼需要は上昇すると予想します。
金融分野では、日本は銀行の売却可能国債は30兆円未満になっており、QQEの拡大は実質的に困難で、追加金融緩和は難しいと思います。また、今年はECBが利上げするかにも注目したいです。
以上2点から、新日鉄(5401)、メガバンクは長期で注目します。

また、EVではリチウムイオン電池ばかりが注目されましたが、ガソリン車の3.5倍の銅が使用されます。EVが普及し始めると、銅価格はさらに上昇するでしょう。銅の産地ということでチリの株価は注目です。またチリはリチウム埋蔵量で世界トップです。
日本で銅といえば住友鉱山(5713)が注目ですが、押目ほしいところです。

年明け早々気がかりな点はドル円です。
2017-12-31 (1)
戻りの棒は雲のネジレです。数日のズレはありますが、ドル円の変化日になっています。右の緑の〇は先行スパン②が変化するときと雲のネジレです。どちらも変化日になりやすいです。先行スパン2は1日後、雲のネジレは4日後になりますが、日本は休場なので海外を当てはめるべきなのかは分かりません。ただ、そこが円安進行となるのか円高になるかです。当社では一時的に円高に振れると予想します。



↑このページのトップヘ