STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2018年03月

今回は過去の追証とは環境が違うため、分析は後ほどとします。
昨年9月以降の主な追証状況です。
2018-03-23 (4)
2月6日急増、その後の3月5日増加で「終わった」と解釈し、ブログでも強気見通しを述べました。急増したときはいったん落ち着くも再度、急増するもです。しかし、昨日再び急増しました。2月6日より少ないのは、投資家が信用取引を整理して余裕を持たせたことによるようです。それでも再び急増したことは、個人投資家にとっては大打撃と思われます。昨日の追証の処分、担保率悪化による早めの対処は火曜日までは続きます。その間も相場が大幅安すれば投げが投げを呼ぶでしょう。

参考に2015年末~2016年前半の日経平均と追証状況です。
2018-03-24
当時の追証状況です。
2018-03-24 (1)
参考に、今年1月末からの日経平均です。
2018-03-24 (2)
2015年末からと同じような動きをしています。

追証状況を2015年末からみてみます。
2018-03-23 (5)
以上の日付と日経平均を見比べると、ある程度の底入れ時期が推測できるかと思います。昨日急増したとこで、もう1回追証急騰となれば片付くと思います。

*追証件数グラフはネット証券数社に独自のルートで聞き取り調査した数字を元にグラフ化したもので、どこにもないオリジナルなもです。


2カ月前までは、米金利上昇による日米金利差拡大で円安といわれていました。しかし現実には違ってきています。そこでSP500、米10年国債について取り上げます。
SP500
SP500と米10年国債利回りですが、国債は12日左へ移動しています。移動することでほぼ同じ動きになりました。SP500は下落中なので目先の米金利は低下の可能性があります。 
米金利が上がらないから円高という見方もできますが、
2018-03-23 (3)
ご覧の通りで、米金利上昇=円高の動きでした。つまり円高は今がピークではないでしょうか。



3月3日別ブログにて「しばらく調整したとすれば、3月27日前後今年前半最大の買い場になると予想します。」と最後に述べています。3月5日には「強く買い」と述べました。即反発したものの、再び下落し三番底取りに行く動きとなっています。5日の予想は短期、3日の予想は長期です。

2018-03-22 (1)
上はメリルのレポートより抜粋しました。最後の「新年度入りで需給は円売り優勢の可能性」とあります。今の円高は期末前の最後の円買い需要かもしれません。
2018-03-22 (2)
上はダウです。転換線が基準線を上回ってきました。2月26日はすぐにまた下回りましたが、2度目なのでその可能性は低いと思います。


        銘柄

要興業6566  取り上げてから低迷していますが、オリンピック工事追い上げに伴う産業廃棄物処理は拡大傾向。

インスペック6656 




まずはダウ、日経平均一目均衡表です。
2018-03-21 (1)
ダウは基準線が転換線を下から上へ突き抜けようとしています。‘好転’という買いサイン直前です。日経平均の転換線(太赤)は横這いにみえますが、わずかに上昇しており、‘好転’が期待できます。
なお、ダウは遅行線が株価を上回ってから3月19日で26日目でした。これも買いポイントになります。

次に当社独自の変化日予想です。
変化日
赤の変化日予想グラフの天底が変化日に当たります。数日のズレがありますが、そこそこの線はいっていると思います。上のチャートを1日ずらして上下反転させます。
2018-03-21 (5)
上下反転で直近の変化日が分かり易くなったかと思います。明日か明後日が変化日になりそうですが、安値での変化日なので買いになると思います。遅れても来週月曜でしょう。
海外情勢でどうなるのか分かりませんが、3月5日以来の買い場になると予想します。

3月5日ブログ参照

昨日、ツイッターでも述べましたが、日米金利差による円安について証券関係者の解説に間違った解説が多いので述べます。といっても大手証券や外資はさすがに単純な解説はしません。多くは地場証券です。

金利差を見る場合、長期金利だけではなく、実質金利を比較します。
3か月LIBOR-インフレ率(CPI)=実質金利 です。

日本の場合、円LIBORが低いため、CPIが低くても実質金利でみればそうではありません。
為替レートの変動はこの日米実質金利差に影響される場合が多いです。

昨晩、ドルLIBORが急上昇と日経が報じました。株安でも円高にならなかったのは、米の実質金利上昇によるものと考えます。

してがって、FOMC利上げが年内3回か4回かも重要ですが、実質金利の動向にも注目と思います。

↑このページのトップヘ