STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2018年09月

毎度のNYダウ方向予想です。
ダウ
9月になって予想できていないと感じるでしょうが、ダウ方向予想であって値幅は表示しておりません。1ドル安も1000ドル安も同じ調整とみています。9月の部分を上下拡大してみると
だう2
このように予想通りとなります。8月28日ブログにて「
目先は8月30日前後が一旦売りになると予想します」と述べました。30日137ドル安もみ合いとなっています。目先もみ合い後、再び買いが近づいています。
2018-09-13 (4)
ダウのパラボリックです。これに限れば目先売りになります。目先の突込みは買いかもしれません。


      銘柄

ロングライフ4355 続落中で申し訳ないです。中長期で押し目買い。

カチタス8919 三菱UFJはBUY,4300円目標。

  

マザーズ指数は再び1000ポイントを割り込みました。そして再び追証件数は増加。パニックほどではありませんが、高水準の追証が断続的に続いています。下は今年の主な追証発生日と件数グラフです。
追証
先月末から再び像傾向にあります。目先落ち着いた後に今日の倍以上追証が発生するミニセイリングクライマックスが起こる可能性が高いと思います。その時が買いになるとみています。なお東証1部大型株には上のグラフは当てはまりません。今年の追証要因のほとんどは新興・小型株下落によるものです。
2018-09-12 (1)
参考にマザーズ指数を載せましたが、上の追証件数グラフで特に多い日とマザーズの底値はほぼ一致します。デイトレなど短期売買に徹している投資家かともかく、昼間相場を見れない投資家は次のチャンスまで待つべきかと思います。


    銘柄

ロングライフ4355 目先の突込みは買い、引き続き中期で注目。

その他チェックのみではSOU(9270)、IPS(4390),エスプール(2471)、Dスタンダード(3925)

NY市場は今日から短期間の上昇か調整入りの可能性が高くなったと予想します。その前に毎度のダウ方向予想をSP500に当てはめてみます。
SP
方向性を予想したもので値幅は予想しておりませんが、5月まではピッタシの予想でした。6月以降は値幅が変わっただけでたまに外している程度です。直近部分を修正します。
SP2
数日の誤差はご容赦下さい。目先調整も買いを示唆しています。なお、OP動向を元にした変化日予想では今日がSP500の変化日になります。約8日間上昇基調、または調整と予想します。上の予想チャートで見る限りは調整のように見えますが、1,2日見ないと分かりません。しかし、8日間調整した場合はその後買いになると思います。

次に日経平均をチャートで見てみます。
2018-09-11 (2)
下値での上放れ陽線は買いを示唆。下のMACDヒストリカルは(一般的なものより計算日数を短くしています)今日プラス転換。超目先は強そうですが、せいぜいSQまでと割り切った方が良いように思います。


     銘柄

ロングライフ4355 昨日大きく取り上げたものの不発でしたが中期で期待しています。


月曜ということもありデータ不足のため個別銘柄を独断と偏見で取り上げます。

8月24日ブログにてテリロジー1300円~1400円と述べました。8月24日終値は1043円でしたが、ツイッターでは1000円の時に取り上げています。仕手筋動向は分かりませんが、黄金比率で説明しています。
今日は同じような銘柄が見つかったため載せます。仕手筋動向は全く分かりません。
2018-09-10 (2)
ロングライフ(4355)を黄金比率で見てみます。終値で計算しました。
1 457-430=26 26×1.618=42円
  430+42=472円(≒4/24終値474)
2 474-439=35 35×1.618=56円
  439+56=475円(≒5/9終値494円)
長くなるので3,4,5、7は省略します。
6 525-489=36 36×1.618=58円
  489+58=547円(≒7/4終値)
8 530-615=-85 -85×0.618=-56
  530-56=474円(≒8/22終値480円)を下回っていないため崩れていない。
結論 今日の上昇で高値は超えると見ています。
2018-09-10 (1)
一目均衡表では数日前に転換線(赤)が基準線(青)を下から上へ抜ける買いのGCそして今日終値で雲を上回り「三役好転」となりました。

東証の外人売買シェアは7割といわれています。そのうち7~8割がヘッジファンド(三菱レポートより)です。また外人動向は先物買い超し・現物売り越しです。SQ前後でこれが逆に動くこともあり得ます。トランプ発言もあり、主要銘柄は振幅が大きくなりそうなので、今は外人が絡む銘柄は避けて、チャート妙味に注目と考えます。

その他、やまね(2144)もチャート妙味、スター・マイカ(3230)は立花が新規「強気」2300円目標、明日高寄り陽線になれば買いかと。〇〇〇〇〇(4千番台)は今日大幅高したので押目待ち。


・霧の先 再び高値へ
日本株の秋以降の上昇に備える動きが一部で始めている(JPM阪上氏)
企業業績、円安追い風、上方修正に期待。野村は8月の投資家向けレポートで、2018年末の日経平均を2万5000円と予想。岡三阿部氏「今の日本株にはかなり割安感がある」
FANGなお好調、米1強で当面続く

・レオスキャピタル
ひふみ投信、ひふみプラス、ひふみ年金の3本のみd江、純資産残高は8月末で計8050億円。海外からの受託分を含めると運用資産残高は9000億円を超える。これは独立系首位のスパークスの1兆1108億円超えも視野に入る。ひふみ投信は設定時1万円が5万円を超える。ひふみプラスも4万円。
同社投信保有者の9割超は含み益。ひふみ投信では保有期間が長いほど信託報酬が下がる仕組み。
17年からは米国株の組み入れを始め、現在運用資産の約1割が海外株で、杭入れ首位はアマゾン。しかし海外株は15%程度までに抑える方針。
レオス藤野社長「1~2カ月で成績をはかるのは素人の発想だ。TOPIXコア30を外し、成績を上げる方針は今も変わらない。国内で株価が年率15%以上上げている中小型株は1300社以上ある。そのうち私たちは200社程度しか投資できていない。まだ全然投資できていないし、運用成績はまだまだ上げられる」

・日経ビジネス 注目企業
串カツ田中(3547)
約200店の7割が住宅地にある。繁華街に比べて賃料を半分に抑えられる場合もあるが、駐輪場、スーパー、バス通りなどに面した立地は、近隣住民が毎日利用する。
親子連れなどのファミリー客は土日には4割を超え、多い店では7割近くにも達する。

↑このページのトップヘ