STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2018年10月

まずは毎度のNYダウ方向予想です。
NY
数日ズレていますので少し修正します。
NY修正
とりあえず下げ止まり。目先はもみ合いないしは強含み、しかし再び下落。そこが買いかと思います。
ダウ方向予想をマザーズ指数に重ねてみます。
マザーズ
直近は何故か一致した動きになりました。やはり目先数日の反発後、再度売られる展開かと思います。


    銘柄

エイトレッド3969

オリコン4800

ミリオンストック無料メール

かつて、橋本氏の元へチャートを教えてもらいに毎週訪問していました。大局観は参考になります。

昨日大引け前の売り続出をみて個人の投げ売りが終わったと思いましたが、追証発生者の半数が追加入金したようです。こういう時は二番底確認の動きがあるはずです。リバウンド後再び売られ二番底確認で買い出動。こんな感じでみています。
変化日
変化日予想(250日)ですが、1日遅れましたが底値で変化日を迎えたため反発となりました。変化日予想は上昇していますが、日経平均も上昇を予想したものではありません。変化日のみ予想したものです。日経平均の方向予想は後ほど別ブログにて。
2018-10-30 (3)
上は年初から昨日まのでスキュー指数です。かなり低い位置ですがまだ低下余地は僅かですがあります。ダウと重ねます。
ダウスキュー
ズレもありますが、ダウと連動した動きです。今のスキューが底値と判断したら買いですが、当社ではまだ底固めはしていないと考えます。


    銘柄

オートウェーブ2666 新車販売とドラレコの好調で上方修正期待。

農業総研3541 ここからは突込み買いと思います。

第2の農業総研 現在3銘柄に絞り込み中

ミリオンストック投資顧問 同社顧問橋本氏の独自チャートは一見の価値あり。
無料メール

今日は大引けにかけて新興・小型中心に五月雨のような売りが出ました。恐らく追証に耐えられなくなった個人投資家の売りでしょう。また、日経平均は最後マイナスで終わりましたが、むしろプラスよりチャート的には良くなりました。

「NYダウ方向予想」を日経平均に当てはめると、営業日数の違いでズレが生じます。そこで先週までのCME日経平均先物とダウ方向予想を組み合わせました。
シカゴ
ダウと日経平均が連動するのが大前提です。今は10時半からの中国も影響するため、この通りにはいかないでしょうが、そろそろ下げ止まりから横這いないしは反発、しかし、再度下落。そこがまずは買いと予想します。上のチャートは数日ズレがあるため修正します。
シカゴ修正
このようになります。1,2日のズレはご容赦下さい。


   銘柄

農業総研3541 下押しすると買いが入り、高くなると売りが出てくる動きです。誰かが値を抑えながら買い集めている動きに見えます。

2016年12月から先月までFF金利は7回引き上げられました。
2018-10-27 (6)
前回FF金利が7回引き上げられたのは2004年6月~2006年1月(計9回)でした。当時の日経平均、マザーズの月足チャートとFF金利を見てみます。
2006年
マザーズ指数は2006年1月を天井とし、その後長い間低迷し続けます。FF金利が7回目の引き上げとなったときです。2006年も今年もFF金利引き上げが終盤に差し掛かってマザーズは急落しています。その後、NYダウ、日経平均は持ち直ししばらく上昇し続けましたが、マザーズはご覧の通りで散々でした。2006年の動きが今年以降にも当てはまるかは分かりませんが、新興。小型化は特に警戒が続くと思います。なお、新興・小型株への警笛は春頃に数回行っております。

次に毎度の変化日予想(計算日数250日)です。これは当社独自のものです。
日経変化日
安値で変化日を迎えましたので、普通に考えれば目先は買いと思います。なお変化日を予想したもので日経平均を予想したものではありません。日経平均予想は明日。


    銘柄

日経レバ1570  短期限定のリバウンド狙い。

農業総研3541 日中の振幅が大きく、売られると買い集めてるような動き。

ストックトレイン(ダイヤモンドクロス)

昨日、今年最大の追証件数発生でリバウンド期待しましたが、寄り1時間程度でリバウンド終了。しかし、大引けの日経平均はわずか0.4%の下落ですので、ほぼ横ばいと言っていい水準です。しかし、マザーズ指数は約3%と大きく続落。今日の追証の大半は新興・小型株下落が要因です。
追証
今年の主な追証発生日と件数グラフです。上で日付を付けた日とマザーズ指数をみてみます。
2018-10-26 (3)
マザーズ指数については春頃に「終わった」と述べています。リバウンドはあるでしょうが、本格反騰は期待ない方がいいと思います。
なお、当社では今日がリバウンド狙いの買いと述べてきました。今日の追証件数は昨日、2月6日に次ぐ今年3番目の多さです。かなり投げ終わったと推測します。

明日詳しく分析してブログにUPします。

↑このページのトップヘ