STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2019年03月

今日のネット証券推定追証状況は深夜UP予定です。

先日UPしたNYダウ方向予想は以下でした。
2019-03-25 (4)
修正拡大すると
ダウ拡大
1,2日のズレが生じていますので、1~3日の調整後リバウンドは期待できると思います。ただし値幅は不明です。そして再度下落したとき、恐らく4月12日後が買いとみています。


    銘柄

エクストリーム3033 チャートは良くないですが、マザーズゲーム関連で予想PER8倍台は割安。四季報は大幅増益予想。押目は中長期的に買い。

ポールトゥーウィン・ピットクルー3657 任天堂switch向けデバッグ、サポートビジネスが好調で上方修正期待。
                
   

今週のヴェリタスは珍しく小型成長株特集です。金利が上昇すると大型、低下時は小型が基本ですが、ヴェリタスによる小型成長株のチェックポイント。
①40%ルール
(売上高の伸び率)+(営業利益率)>40% かどうか。
売上高60%伸びていれば営業利益率ー20%まで許容範囲、ということです。
②赤字に耐える財務体質
投資CFの赤字拡大が急激だと過剰投資の恐れがある。
これらを踏まえ、目先より長期の伸びで取り上げている銘柄
メルカリ(4384)、マネフォ(3994)、ラクスル(4384)、LINE’3938),サイバーE(4751)、カオナビ(4435)、サイバーダイン(7779)、サンバイオ(4592)、Jディスプレイ(6740)

EUV露光装置
TSNCは19年4~6月期から、EUVを使った半導体生産を始める。EUV露光装置だと、より細かい回路を1回でウエハーに書くことができる。露光回数が従来より減るため、製造コストは半分から約2割で済む。EUV露光装置の実用機を生産できるのはASMLのみ。
EUVは量産には250ワットの出力を持つ光源が必要だが、この光源ではコマツ(6301)傘下のギガフォンが出力250ワット達成。
その他関連
HOYA(7741)18年10~12月期、EUV向けブランクスが前年同期比2倍に拡大。
レーザーテック(6920)フォトマスクブランクス向け欠陥検査装置を手掛ける。

東証1部選別問題
物流業界では1部上場かどうかが大規模な入札案件で重要な選定要素。

株探「新AI関連5銘柄」
この中のどの銘柄がヒットするかは分かりませんが、毎週1,2銘柄大ヒット中です。
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201903230131


    


日経によると、邦銀の日本株売り越しは30週連続で、りそなショック(2002年12月4週~2003年3月4週)以来だそうです
2019-03-23 (7)
上は日経平均月足です。色を付けている期間が前回の売り越し期間です。売り終わった翌日が大底でしたが、これはりそな救済発表により相場が反転したことが大きいです。今年は当時のような金融危機ではありません。邦銀の収益低迷、持ち合い解消によるもでしょうから、決算対策で恐らく今月で終わると思います。

次にNYダウをある指標でみてみます。
スキュー
ダウのキーポイントは捉えていると思います。数日の押した後、リバウンドありそうです。なお、いつも取り上げる指標では、目先調整した場合は4月12、15日頃が買いになると予想します。

   

いつものダウ方向予想です。
ダウ
大目に見て頂ければそこそこ予想できているかと思います。直近を修正拡大します。
ダウ2
この予想チャートでは月曜まで強く、そこが売りになる予想です。1日の誤差で今日かもしれませんが、目先は警戒と思います。

    

原油価格が堅調です。5月にイラン原油禁輸の猶予措置が切れればイランは減産を余儀なくされ、ベネズエラの減産も需給改善に寄与しそうで、WTIは今後も上昇する可能性があります。
2月のOPEC非加盟国の生産量は前月横這いで、減産目標の遵守率は51%に留まりました。これはロシアの遵守率36%が足を引っ張った形です。
以上を踏まえてWTIとダウを述べます。石油メジャーのエクソン、シェブロンがダウ採用のため、原油上昇はダウに影響します。
ダウ
ダウとWTIはほぼ一致した動きです。 WTI上昇=ダウ上昇 です。今後も原油価格が上昇するとなるとダウも上昇する可能性が高いとなりますが、そう単純にはいなかいのが投資の世界です。
上のチャートを小細工します。
ダウ2
WTIを上下反転させ、右へ移動しました。するとダウの動向を先取りしているような動きとなりました。過去のこじつけで今回も当たるかは分かりませんが、目先用心かもしれません。


   銘柄

応用技術4356 水曜夕刊フジによれば、同社は大阪本社で防災、建設分野のコンサルを手掛けており、ラグビーWカップ、万博を控え、高水準の受注を確保とのこと。終値では2月6日高値を超えており、一段高期待。

ギークス7060 上場したばかりですが、日経が取り上げており期待できそう。


↑このページのトップヘ