STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2020年07月

先週木金の海外安で多くの専門家は弱気予想に変更していました。しかし、寄り付き付近でショートしたら買い戻さざるを得なかったことでしょう。
週初めなのでいつもと違う手法で日経平均の変化日をみてみます。267日先までの変化日予想です。

日経
分かりづらいので変化日予想を上下反転します。

日経2
一瞬、日経平均と同じ動きに見えますが、所々真逆になっています。変化日のみ予想しているので、日経平均と連動すると逆の動きになります。上下反転を戻し、直近を拡大修正します。
日経3
もみ合いでの変化日のため上下いずれかに動きそうですが、大方の予想と逆で上昇だと思います。


   銘  柄

ギグワークス2375 リモートワーカーの申し込み2倍に急増。政府はコロナ再拡大を受け、企業に7割リモートワークを要請しており、中小企業にテレワーク導入支援を進める同社に注目します。  


独自のダウの60日先までの変化日予想です。なお上げ下げは全く予想しておりません。変化日は買いか売りかのどちらかというだけです。

VIX1
昨日の下落は今日の予想でしたが、1日早まりました。しかし、今日は買いだと思います。変化日予想を上下反転させ修正拡大します。
VIX2
直近はこんな感じで、上げ下げしながらも上昇基調かと思います。

なお、一目均衡表では、転換線(26533)手前で下げ止まっており崩れていないと思います。また、先行スパン①②の動きから、今後3日目から堅調に推移すると思います。説明は長ったらしくなるので省略します。

ダウの20日先までの変化日予想です。複数の指数をミックスし指数化したものです。
ダウ1
ダウと同じような動きにも見えますが、変化日が合ってだけです。直近を修正拡大します。
ダウ3
目先数日は調整の可能性ありますが、7月10日再スタートの上昇トレンドには変更ございません。なお、7月10値買い予想は先出済みです。ただし、7月28日(前後1日含む)は一旦売りと思います。その根拠は以下のチャートです。
ダウ
ダウとミックス指数を同一日で重ねましたが、ミックス指数が下がるとダウも下がる傾向です。ミックス指数は過去5カ月間では高い位置です。コロナ暴落直前のミックス指数は今の倍近く高値でした。まだ上昇余地(=ダウ上昇余地)はありますが、その途中での下落が28日頃からと思います。

明日はもう少し長め(40日先まで)の予想を取り上げます。
2018年~昨日まで取り上げた銘柄(小細工なし)の通信簿

7月22日までに取り上げた2020年度全銘柄と、その後60日間までの値動きです。不正一切なし。よくある「主な銘柄」、「一部紹介」といったイカサマは一切ございません。
見方 60日以内に10%超上昇〇 5~10%未満△ 5%未満X
現時点で31勝13敗9分け(昨年度は112勝24敗19分)
詳しくは通信簿ご覧ください
2020-07-23 (4)

2020-07-23 (2)


直近予想の「ダウ7月15日売り」は値幅は別としてその後下落。そして以前から申してましたが、今日か明日が買いの予想に変更はございません。

スキュー1
40日先までの変化日予想ですが、直近の上下幅を合わせます。

スキュー3
更に直近の上下幅を修正し拡大します。

スキュー4
これまで変化日予想あるいは買い、売り日は常に先出していますが、ほぼ正確に予想できています。小幅ながらも今日の変化日を下げで迎えたため、恐らく買いになると思います。

なお、テクニカルアナリストや評論家、ファンドマネージャーといったプロの方には2番底予想も多いです。


    銘  柄

フジプレミアム4237 戸建て向け太陽光パネルなど。バイデン大統領となればパリ協定復帰で、再生エネルギーが注目されると思います。

コスモバイオ3386 大学などの研究機関向けが主な事業で、成長性には欠けるものの安定。昨日、もみ合い上放れしており注目。

↑このページのトップヘ