STOCK TRAINのブログ

追証の果てまでイッテQ

株式投資妄想日記
ツイッター http://twitter.com/stocktrain2
ホープページ https://www.stocktrain2.com/
アレス投資顧問 https://ales-ia.com/lp01/
バランス投資顧問 http://d-umihe.com/

2020年07月

以前、日経平均650日周期を取り上げましたが、昔と違い立会日数が減少しており、625日周期に修正します。

日経2
上のチャートは直近の日経平均、下は645日前の日経平均です。ご覧の通りでかなり酷似した動きです。7月30日まではもみ合いでも、8月になれば藻い合い上放れを示してます。
もっともNY市場は今日か明日が買いになると以前から予想してます。日本は4連休があるため、本来なら2日削除し、643日で見る必要があるかもしれません。その場合は7月28日買いとなります。
いずれにせよ、月末までは下がれば買いだと思います。

ところで、22日はテスラの決算があります。この銘柄ほどアナリスト予想がかけ離れている銘柄はなさそうです。レーティングは買い9社、ホールド12社、売り15社。目標株価は最強気で2322ドル、再弱気で70ドル。とんでもない開きです。これほどアナリスト予想がバラバラだと決算後の動きを予想することも困難です。これもコロナバブルの影響でしょうが、テスラの決算後の動きはグロースかバリューかという観点でも注目でしょう。


    銘  柄

JMHD3539 茨城県地盤の食品スーパー「JAPAN MEAT」を展開。またFCで肉のハナマサを展開。業績好調で株価は上場来高値圏のため、深押しまたは調整期間がほしいところ。


今年の主な追証発生日と推定件数グラフです。グラフはネット証券数社に独自の調査網で聞き取り調査した数日をグラフ化したものです。よって必ずしも現実を反映しているわけではありません。

2020-07-19 (3)
赤(5月26~6月8日)は売り方の追証です。直近の追証の特徴は、新興・小型株投資家がメインということです。7月17日は日経平均はほぼ変わらずでした。しかし、マザーズ指数は1.59%下落で続落です。また増資とIRが本業のハコモノ銘柄の大幅安も影響してるでしょう。
したがって、マザーズ先行きは警戒かもしれませんが、日経平均やTOPIXなどは問題ないと思います。

60日先までのダウの変化日予想です。

VIX2
これだけ見ると調整入りに見えますが、変化日のみ予想したもので、ダウが上がるか下がるかは全く予想しておりません。直近の上下幅を合わせます。
VIX3
先週、水木金が陰線となりましたが、それでスピード調整は終わった可能性があり、月曜から買い転換の可能性が高いと思います。
明日は別の手法で20か21日買いの根拠を示します。

今年のダウ予想の以前予想と結果です。それを踏まえて来週からの目先予想を考えます。

①1月4日 12月17日から調整中なので、このままだと多分買いでしょう
②2月21日 今日が売りの予想です
⓷3月22日 3月26日前後に再度変化日が到来するため、買いになると予想します。
結果は3月23日大底で4日遅れ
④5月14日 今日が変化日で買いとなります。総合して明日か月曜買いと予想しました。
⑤6月8日 SQ後下がるという専門家もいらっしゃいますが、むしろ高いと思います。仮に下落局面があれば、7月6日天井にむけて最後の買い場になると思います。*SQは6月12日
⑥6月19日 今まさに売りを示していますが、目先調整の場合、6月12日買いになります*翌日ダウ1861ドル安 *6月26日底
⑦6月25日 NYは今日からリバウンドで、7月6,7日頃売り
http://stocktrain2.blog.jp/archives/2020-06-25.html

1~7の事前予想をNYチャートに当てはめると
2020-07-18
すべて先出予想です。売買ポイントを予測できなかった時もありますが、大きな売買ポイントは予測できたかと思います。

さて、来週からですが、7月20日または21日(多分21日)から買い。その後上げ下げはありますが、営業日数で約31日間上昇トレンドと思います。そう予想する根拠は午後か夜。

先日は「ダウ15日売り」と述べました。15日まで上昇しましたが、今日はどうでしょう。大方は強気予想ですが。
SV3
ダウとある複数の指標をミックスしたものです。ミックス指数は高値のため超短期では調整あるかもしれません。
SV
ミックスを20日移動することで、ダウの変化日を予想できます。上下反転すると、
SV2
結論、今日から明日、月曜まで調整の可能性ありますが、7月20日買いと思います。


     銘  柄

ポエック9264 大水害の度にポンプが浸水で使えなくなるケースがあります。同社はポンプ修理、メンテを行っており、需要増期待。また電気不要のスプリンクラー、オゾン脱臭殺菌システムも手掛けており、クラスター懸念で老人ホームへの納入に期待


↑このページのトップヘ